マイクやスピーカーの設定をする

PCにマイクとスピーカーやヘッドセットを接続したら、早速オーディオの設定をしてSkypeが快適に使えるようにしておきましょう。

Skypeのオーディオを設定する

Skypeの設定を呼び出す

メニューの【ツール】をプルダウンして、【設定】をクリックします。

Skypeの設定を呼び出す

オーディオ設定を選択する

続けて左側のメニューから【オーディオ設定】ボタンをクリックします。

オーディオ設定を選択する

オーディオインターフェイスを選択する

マイクやヘッドセットをPCに接続しても音声が入力出来ない場合、たいていは配線の接続ミスかオーディオインターフェイスが異なるものが選ばれている場合が考えられます。

とくにオーディオインターフェイスが複数ある場合はよく起こることなので、オーディオ設定のマイクをプルダウンして正しいオーディオインターフェイスを選択しましょう。

オーディオインターフェイスを選択

マイクの音量を調整する

音量の【スライドバー】を調整して、マイクの音量を決定します。

マイクの音量を調整する

マイクの音量を自動調整する

【マイク設定を自動調整】にチェックを入れておくと、マイクの音量を自動的に調整してくれます。

あまりうまく機能しないと感じたときは、チェックを外して音量を手動で設定しましょう。

マイクの音量を自動調整する

スピーカーのインターフェイスを選択する

マイクと同様にスピーカーのオーディオインターフェイスも正しいものを選んでおきます。

スピーカーのインターフェイスを選択する

スピーカーの音量を調整する

スピーカーの左にある再生ボタンをクリックすると、呼び出し音が鳴りますので音が出るかどうかのチェックや【スライドバー】を動かして音量の調整しましょう。

スピーカーの音量を調整する

マイクとスピーカーのテスト

無料音声テストサービスを呼び出す

その他のタスクにある【無料音声テストサービスと通話】をクリックすると、通話の疑似テストが行えます。

無料音声テストサービスを呼び出す

通話のテストをする

機械音声のガイダンスに従い、10秒間自分の音声を録音することができます。これで、マイクやスピーカーのボリュームが適切か判断しましょう。

通話のテストをする

Skypeの使い方 - メニュー